カテゴリー別アーカイブ: ma-ma

BONTONについて…。

10年近く取り扱いをしていましたBONTON/ボントン。

 

今から2年程前に当店での取り扱いを中止致しました。

理由は至って簡単で日本にBONTON社の代理店が出来た為です。

その際は大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 

具体的に代理店が出来るとどうなるのか…

パリのBONTON社→弊店 という仕入れ形態でしたが、

パリのBONTON社→日本の代理店→当店 という仕入れ

ルートになってしまう為に、

 

1.仕入れコストが◯◯倍近くになってしまう事

2.日本価格の値上がり(流通ルートに1社プラスされる為)

3.当店の代理店へのアレルギーおよび不信感www

 

などの理由で取り扱いを終了しておりましたが

この秋冬2016FWより、いろいろなオトナの事情に

よりパリのBONTONと直接取り引きを再開する事と

なりました!

 

そんなわけで今日は当店とボントンの関係より、

ず〜〜〜〜っと前のお話をしてみたいと思います。

 

実は今から20年程前、Bonpoint/ボンポワン の取り扱いをしてい

ました。当初は日本での直営店も無く取り扱いは新宿伊勢丹様、

ギンザのサエグサ様、弊店のみだったと記憶しています。

(弊社調べ その後取り扱い店舗が拡大していきました。)

 

*左から弊店代表、海外輸出担当のソフィー氏、ボンポワン創設者のマリーフランス氏。

(およそ20年程前Bonpoint ショールームにて)

IMG_0003

歴史を感じます…^^;;

*当時はBonpointと言えばコチラのシルクのスモックワンピース!と言われる程の名品でした。

IMG_0004

その後、ジワジワと日本でもメジャーになっていき弊店での取り

扱い量も爆発的に増えていき、あまりの取り扱い量の多さの為、

Bonpointショップと間違われる事も多々ありました。^^;;

 

2000年代に入り時代がネットショップ創世記へと移り変わりを

見せはじめた頃、ネットショップでの取り扱いも増えていき、

当時は、ma-maさんとネットの◯◯さんでどうして値段が違う

んですか??とか、◯◯さんのカタログに掲載されている

◯◯色のパフスリーブはありますか?なんて問い合わせが日

に何十件とあったそうです。

 

こうして人気に火がつくと次に起こる現象は、そうです!JAPAN

社、いわゆる日本法人の設立です。当時は様々な噂が飛び交いま

したがボンポワンジャパンが設立されました。

 

そう言えば、銀座のサザビーさんのビルの一階にもBonpointショ

ップもありましたね〜〜!懐かしい!w 今のお客様でこの事をご

存知の方はいらっしゃるんですかね〜〜!?

(ギンザにはサエグサ様という卸先があるのにお構いなしな姿勢

にも当時驚きました。)

 

あえて誤解を恐れずに申しますと弊店を始めとする各ショップ様

の努力により有名になると、本国から乗り込んできて直営店舗を

各都市に進出させてくる手法はいかがなものかと思いますが、そ

れが私たちセレクトショップの宿命ともいえるのかもしれませ

ん。

 

それと、基本的には外資系ですので、

“おたくの商圏に直営店出すケド!ナンカ文句ある??”

“嫌なら取り引き辞めてもいいんだゼ!”的なスタンスはどの業界

でもあると聞きますので期待はしておりませんでしたが…。

それにしてもJAPAN社を設立した瞬間に急に上から目線になる外

資系の体質が未だに理解できません。

 

ですが個人の意見として日本法人の設立には基本的には賛成で

す。

ある程度ブランドの認知が進んでくると、ブランドとしてはイメ

ージコントロールをしなくてはならいからです。”売れれば良

い!”という段階から、”誰に売るのか” “どこで売るのか” というス

タンスにシフトしていくからです。ここを間違うとプライスが崩

れ、いわゆる安売りになってしましいブランドイメージを著しく

悪化させてしまうのです。そう言った意味ではBonpointの日本法

人化に伴う日本市場のコントロールのタイミングは絶妙だったと

言えます。

 

そういえば当時、当店が入居しておりますシンシア山手というビ

ルにBonpointの直営店舗を出す!と日本法人から突然連絡がやっ

てきました。Bonpointとの取引が終了した瞬間でした。

 

(恐らく外資系独特の、“ma-ma の隣に店出せばPRとかしなくて

良いし、簡単に売れるんじゃね!? “的な安易な考えであったのだろ

うと推察されますが、卸先の隣に店を出そうとする神経には驚か

されました。そういう意味ではサスガ外資!やり方がエグい!)

とは言え、取り扱いをしていたブランドが大きくなっていくとい

う事は、手前味噌になりますが弊店の審美眼に間違いは無かった

という事も言えるので嬉しくも思っております^^

 

こうしてBonpointからBONTONへ取り扱いを変更していった訳

ですが、当店で永年Bonpointの取り扱いがあった事は今のお客様

はご存知無い方が多いと思うと時代の流れを感じます。

 

最後になりましたが…

お馴染みのコレ入荷予定ですのでお楽しみに〜〜〜!

DSC01604

 

ma-ma

ma-ma official site and ONLINE Store